紅小玉スイカの立体栽培(2019年)

紅小玉スイカの立体栽培は今年で2年目です。

昨年はかろうじて収穫することができましたが、2年目はどうなるでしょうか?
昨年よりも良いものを作ることを目標にがんばりたいと思います。

 

1.定植(2019年5月1日)

今年はPH(ペーハー)を測らずに定植しました。
元肥は「普通化成(8:8:8)」と「かきがら石灰」を少ない目に施し、白黒マルチの白色を表にしてマルチングしています。

ポリフィルムのトンネルの中に新聞紙でキャップをしています。
昨年は風よけのために米袋を使って苗を囲いましたが、さらに活着が良くなるようにポリフィルムでトンネルを作り、新聞紙でキャップしました。昨年の栽培記録はこちら!
効果は予想以上で活着はもちろん、成長スピードも数段良くなりました。
トンネルが保温になり、新聞紙が日除けと乾燥予防に効果があったからだと思います。

 

2.キャップの取り外し(2019年5月9日)

定植直後の紅小玉スイカ
定植8日目。活着が確認できました。
新聞紙を被せていたため定植後の水やりはしていません。
活着が確認できたのでキャップいしていた新聞紙を取り外しました。
植え痛みも無くスムーズに活着してくれました。

 

3.ネットを張りました。(2019年5月26日)

大きくなってきたので、トンネルを外しネットを張りました。
トンネルにツルがくっ付くようになってきたので、トンネルを外し立体で育てるためのネットを張りました。
ネットは15㎝角のエンドウ用のもの使っています。

成長がとても速いです。トンネルとキャップの効果はすごいなと感じています。
一株に四本のツルを伸ばし、四本仕立てにしていきます。

 

4.交配間近(2019年6月20日)

ずいぶん大きくなりました。
ずいぶん大きくなりました。
雌花や雄花もチラホラ確認できるので、天気が良ければすぐにでも交配できる状態です。
ミツバチも交配を手伝ってくれますが、スイカは人の手で交配する方が確実になります。
天気が良くないと花粉も出ないので、タイミングを逃さないために毎日交配は行います。



5.交配(2019年6月23日)

紅小玉スイカの雄花。
雄花の花粉をめしべにこすり付け交配します。
雄花を摘み取り花弁を開いておしべを出します。
おしべの花粉をめしべにこすり付けて交配完了です。

 

6.ミツバチも頑張っています。(2019年6月23日)

ミツバチが交配を手伝ってくれています。
ミツバチは働き者ですね。
今日は天気が良かったのでミツバチも飛んできています。
働き者のミツバチも交配を手伝ってくれました。

 

7.着果していたよ!(2019年6月20日)

ミツバチ交配で着果していました。
人工授粉する前に着果していたので、ミツバチが交配していたものだと思います。
天気が良いと花粉もたくさん発生するので、ミツバチがやってきてかってに交配してくることもがあります。このスイカはそのパターンでしょうか?



8.着果させすぎたかな?(2019年6月29日)

赤い野菜ネットで吊るしてあるのが着果した紅小玉数スイカです。
たくさん着果させることができました。
しかし、これが後で後悔することになるとは・・・
着果するのがうれしくて、一本のツルに一個の割合で着果させました。
四本仕立てなので一株に4個になります。

スイカの実が小さいうちは良かったのですが・・・

 

9.葉が枯れ始めました。(2019年7月17日)

まだ収穫できないのに葉が枯れ始めました。
収穫予定まで、後2週間もあるのに葉が枯れ始めました。
(着果から約35日が収穫の目安なります)
一株に4個の実付けたことによる「成り疲れ」と、「梅雨時期の過湿」がスイカを弱らせてしまったようです。

来年は、一株に2個で挑戦したいと思います。

 

10.初収穫(2019年7月24日)

1800ℊ!ちょっと小ぶりです。
収穫適期の紅小玉スイカ
ミツバチが交配した?紅小玉スイカです。見た目の熟れ具合は十分なのですが、糖度が11.5と若干低目です。
食べてみると十分スイカの味なのですが、少し物足りなさを感じました。

 

今年の良かった所と反省点

良かった所
ポリフィルムのトンネルと新聞紙のキャップを被せたことで、定植後の活着と成長が非常に良かったこと。

反省点
一株に4個も実を付けたことで、後半成り疲れを起し葉を枯らしてしまった事と、日照時間の少ない場所で栽培したため、糖度が昨年より低くかったこと。