以外に簡単!そら豆の栽培方法

そら豆

種まきから収穫までの期間が比較的長いことから、土地に余裕のない家庭菜園では敬遠されがちですが栽培そのものはとても簡単です。

連作障害と種まき時期に気を付け、マルチと整枝を行えば失敗せずに作ることができるでしょう。
一株から30莢くらいは収穫できるので、家庭菜園では数多く栽培する必要はありません。
露地栽培は秋から春の低温の時期に栽培することもあり、病害虫の発生が少なく、難しい方法や特別な手間をかけなくても栽培することができます。

難易度:

科 目好適土壌PH連作障害日当たり肥 料生育適温
マメ科のソラマメ属になります。
酸性に弱いです。 PH6.5~7.0が適します。
連作障害があります。3年以上を開けて栽培するようにして下さい。
日当たりが良く、排水保水力のある土壌が望ましいです。
根に根粒菌が寄生して空中チッソを利用するので、肥料は控えめに施します。
16~20℃が適温で、20℃を超えると生育が衰えます。
幼苗の時期は耐寒性が強く、雪に埋もれなければ氷点下にも耐えます。

 


目 次

 

そら豆の栽培表です。定植前にマルチを張りましょう。

そら豆栽培表

 

 

1.品種はこだわらなくて良い

粒の大きさが一寸(約3㎝)になる大粒種が一般的で「一寸そら豆」とも呼ばれています。
一莢に3粒の豆が入る品種が種苗メーカーから販売されていて、40ml入りの袋には15粒前後の種が入っています。
特に品種に拘る必要は無く、種苗店やホームセンターで販売されているもので十分です。

 

 

2.ポットで育苗します

中間地や暖地では10月中旬頃に種を撒きます。
直接畑にまいても良いのですが、鳥害による欠損を防ぐためポット育苗をお勧めします。

1.ポットの培土は購入しましょう

育苗期間が20~30日と短いので、6~9㎝のポットで十分です。
ただし、土は市販の「種まき用培土」を使いましょう。

粘土質の土は通気性や水はけが悪いので発芽率が低下します。必ず種まき用の培土を使いましょう。取り扱いも簡単です。

 

2.オハグロを下にし、2粒撒きにする

そら豆播種
オハグロを斜め下にして土に押し込み、尻部が少し見える程度に浅くする。
(深く撒き過ぎると酸欠になり発芽率が低下するので、必ず浅くしましょう)

2粒撒きが原則ですが、一粒40~50円と高価なので1粒撒きでもOKです。

 

3.本葉が2~3枚の時に定植する

そら豆の定植前
そら豆は苗が大きくなりすぎると活着が悪くなるので、本葉が2~3枚程度の時期に定植するようにしましょう。
少し早いかなと思うくらいの時が定植のタイミングになります。
人差し指と中指の間にそら豆の茎を挟み、ひっくり返して手の平に乗せた状態にすると簡単にポットを取り外せます。



 

3.畑の準備

種まきと同じ時期(10月中旬頃)に畑の準備も始めましょう。
そら豆は根に根粒菌が寄生して空中チッソを利用するので、肥料は控えめに施します。
また酸性土を嫌うので苦土石灰は多めに施しましょう。

1.施 肥

  • 元肥(1㎡当たり75g)
    (窒素:8 リン酸:8 カリ:8)の配合肥料の場合。
  • 苦土石灰(1㎡当たり150g) PHを測定して調整する。
    (好適土壌PHは、PH6.5~7.0です。)

 

2.マルチ張り

  • 良く耕した後、畝建てし、95~110㎝幅のマルチを張ります。
    (水はけの悪い土地は高畝にする。マルチは黒色が一般的です)

 

 

4.定植

そら豆定植

  • 本葉が2~3枚になったころ50~60㎝の間隔で一条植えにします。
    時期としての目安は11月中旬までになります。
  • 早植えし過ぎると冬を迎えるまでに大きくなりすぎて、耐寒性が衰えることがあります。
  • 16~20℃が適温ですが幼苗の時期は耐寒性が強く、雪に埋もれなければ氷点下にも耐えます。

 

5.定植後の管理

1.アブラムシの駆除

定植後に高めの温度が続くとアブラムシが発生することがあります。
そのままにしておくと成長が阻害されますので必ず駆除しましょう。

幼苗の時期には薬剤散布が効果的で、即効性のある「マラソン乳剤」などが使いやすいです。

農薬の臭いが気になる方は、「アーリーセーフ」がおすすめです。
ヤシ油由来の天然有効成分で作られていて、収穫前日まで使用できるほどの安全性が特徴になります。



アマゾンで購入

住友化学園芸 マラソン 100ml
住友化学園芸 アーリーセーフ 100ml 天然成分 殺虫殺菌剤

楽天市場で購入

マラソン 乳剤(100mL)
住友化学園芸 アーリーセーフ 100ml

 

2.霜が降りても大丈夫

そら豆(霜と復活

「“幼苗の時期は耐寒性が強い”と聞いていましたが、霜が降りたら萎れてしまいました。」

こんな心配をされる方もいらっしゃると思います。
確かに霜に当たると萎れますが、霜が解けると元の元気なそら豆に復活します。
1月や2月などは毎日霜が降りることもありますが大丈夫です。
3月や4月の遅霜でも問題ありません。

 

3.枝を整理する

そら豆(整枝)
3月になり暖かい日が増えてくると、成長が早くなり枝の本数も増えてきます。
欲張って多くの枝を残しても栄養が分散してしまうので、大きなそら豆には育ちません。
枝の長さが50㎝位になった時、勢いのある枝を6~7本残して整枝してあげましょう。
剪定ばさみを使うと残す枝を傷つけることなく切り取ることができます。

 

4.追肥と潅水

追肥は2回行うと良いとされています。

一回目は開花し始めた頃、二回目は莢が付き始めた頃です。
(窒素:8 リン酸:8 カリ:8)の配合肥料で1㎡当たり35g程度を施します。
開花結実時期は水分を多く必要としますので、追肥を施した後は必ず潅水を行いましょう。
水分の量で莢の付き具合や大きさが変わると言われるほど重要になります。
開花後は乾燥させないように小まめに潅水するようにしましょう。

 

5.頂点の摘心

頂点の摘心

空まめの花は枝の先の方まで咲きますが、莢は先の方まで実ってくれません。
枝は無駄に長く伸ばす必要がないので、70~80㎝位の長さになれば先端を摘心します。
このことにより、実に栄養がまわり大きくなるので必ず行いましょう。

 

 

6.収 穫

そら豆収穫?

上を向いていた莢が下向きになると収穫のサインと言われていますが、下向きになっても実っていない莢があるので注意が必要です。
これはおおよその目安であって100%ではありません。

そら豆試し採り
そら豆の実
そら豆(オハグロ)

開花から30~40日で収穫するのが一般的ですが、試し取りすることをお勧めします。
早く収穫しすぎると水っぽくホクホク感が全く感じられず、遅くなると実が硬くなります。
好みに合った状態で収穫できるように是非とも試し採りをしてみて下さい。

 

まとめ

そら豆は春(5月)に収穫しますが、種まきは前の年の10月に行います。

計画的に栽培しないと、思い出した時には種まきの時期が過ぎていたってことが良くあります。
栽培は非常に簡単でプランターでも育てることができますので、今年の10月にそら豆栽培を計画してみてはいかがでしょうか。
また、収穫後の鮮度が落ちやすい野菜なので、収穫後すぐに食べられる家庭菜園向けの野菜です。

以上、そら豆の栽培方法でした。 実際に栽培した記録もご覧ください。






露地イチゴはどんな品種が良いのか?

章姫
とよのか
とちおとめ
さちのか

私はここ数年露地イチゴを栽培していますが、いつも同じ品種(宝交早生)でした。
宝交早生は病気に強く、収量の多い露地イチゴでは最高の品種です。
しかし、浮気心が出て他の品種も作ってみたくなりました。

そこで、近くのホームセンターで販売していた、「章姫」、「とよのか」、「とちおとめ」、「さちのか」の4品種を3月に親株から栽培してみることにしました。

それぞれの品種の特性がハウス栽培と同様に、露地栽培でも現れるのかなどを検証してみたいと思います。

中には炭疽病に弱い品種もありますので、来年春の収穫までたどり着けないかもしれませんが始めてみたいと思います。

 

1.親株の定植 (2018年3月11日)

イチゴ定植
低度化成(8:8:8)を少量施したPH6.2の畑に白マルチを被せ、株間80㎝で「章姫」、「とよのか」、「とちおとめ」、「はるのか」の4品種をそれぞれ3株(計12株)定植しました。

 

2.少し大きくなりました (4月14日)

イチゴ定植後
定植から一か月経ち、少しだけ成長しているように思えます。
苗採りの6月まではまだまだ時間があるので、今は小さくても問題ないと思いますが、秋に定植した苗はもう実ができています。やはり根の量が違うのでしょうか?

 

3.ずいぶん暖かくなってきました (4月22日)

イチゴの親株
4月も後半になるとずいぶん温かくなってきました。
私の地域は最高気温が24℃でしたが、30℃を超えたところもあったみたいです。温度が上がると病気が心配ですが順調に大きくなっています。
もうすぐ田植えの準備をがはじまるので、今日は夏野菜を植える所を耕運しマルチを張りました。
久々の鍬仕事だったので筋肉痛で体が悲鳴を上げています。

 

4.親株のはずなのに実ができている(4月30日)

章姫の実
章姫です。
親株として栽培しているはずなのに、花が咲き実が付いてきました。
せっかくなので、大きくなるところまで見守ってみたいと思います。
実が見られるのは来年だと思っていたのでうれしい誤算です。
最後は糖度も計って食べてみたいですね。

 

5.章姫の果実が大きくなってきました(5月12日)

章姫果実
3月に定植したばかりの、苗採り用の親株に付いた実が大きくなってきました。
若干赤みを帯びてきているので、もう少ししたら収穫できると思います。
ランナーからの苗採りは6月から行う予定ですが、この果実のことも気になります。
もし収穫出来れば糖度を測り、実際に食べてみたいと思います。

 

6.灰色カビ病(5月16日)

灰色カビ病
楽しみにしていた章姫の収穫がダメになりました。
ご覧の通り灰色カビ病になり味見することが出来きません。
先日の雨の後、マルチに接していた部分が乾燥しなかったため発症したんだと思います。
ほんの数日前は何ともなかったのに急に症状が出た感じです。
やはり5月に入ると昼間の温度が高くなるので、菌の繁殖スピードも速まるのでしょうか。



 

7.ランナーから苗を取ります。(6月10日)

親株から出たランナーの小苗をポットで受けます。
6月中盤になってきたのでランナーの小苗をポットで受け始めました。
9㎝のポリポットに「花と野菜の培土」を入れ,十分湿らせたあとU字に曲げた針金で小苗を止めます。
これからランナーの数も増えてくると思うので、できるだけ多くの苗を確保して行きたいと思います。
章姫のランナーは赤みが少なく、他の品種に比べ草勢が強いように思います。
「とよのか」、「とちおとめ」、「さちのか」は同じくらい濃い赤色のランナーで、草勢も同じくらいでした。
しかし「章姫」だけ赤色が薄く、草勢は他の品種よりも明らかに強い感じがします。
品種による違いはありますが、これから気温が高くなるので炭疽病の予防に心がけたいと思います。

 

8.ランナーを切り離しました。(7月1日)

ポットの穴から根が出てきたら、ランナーの切り離し時期です。

ランナーを切り離したイチゴ苗です。

ランナーの小苗をポットに受けてから3週間が経ちました。ポットの底穴を見てみると根が出てきています。

このような状態になるとランナーを切り離しても萎れることはありません。
早速切り離してみると、それぞれ3本の親株から以下本数が取れました。

  • とよのか・・・41本
  • とちおとめ・・・23本
  • さちのか・・・51本
  • 章 姫・・・まだ根が出ていないポットがあったので一週間伸ばします。(67本でした)

炭疽病の予防に「ベンレート:500倍液」を50㏄づつ潅水しました。

 

9.章姫のランナーも切り離しました。(7月8日)

一週間遅れで切り離した「章姫」の苗
根張りの遅かった章姫も、今日ランナーから切り離しました。
一週間で根張りも問題無かったので萎れることも無いでしょう。
本数は67本で、他の品種よりも多く子株が取れました。
これで全てのランナーの切り離しが終わり、合計182個の子株が取れました。
秋の定植まで順調に育って欲しいものです。

 

10.葉脈が黒くなり葉が丸まってきた。(7月18日)

葉脈の部分が黒くなり、葉が巻いてきた。
葉脈の部分が黒くなってきました。また、葉が内側に巻き気味なのが気になります。
宝交早生の時もなりましたが、だんだん弱っていくみたいです。
カリウム不足が原因と思い、カリウムを施用しましたが今のところ効果は確認できません。
暑さ対策のためセメントから離しました。
葉脈の部分が黒くなってくる原因は判りませんが、葉が内側に巻いてくるのは暑さが原因ではないかと思います。
半日陰のところには置いているのですが、セメントの上に直接置いていたので相当な暑さになっていたと思われます。
ここ一週間以上は、ほぼ毎日35℃の猛暑日に迫る暑さなのでイチゴも大変です。
どこまで効果があるか分かりませんが、とりあえずセメントから離してみることにしました。

 

11.葉かき作業(7月21日)

葉かき前のイチゴ苗です。

葉かきをした後のイチゴ苗です。

親株とのランナーを切り離してから20日になるので、葉数が増えてきたり細いランナーが伸びてきたりしています。
水やりの邪魔になるし、見た目も悪いので古い葉やランナーは切り落としました。
本当の理由はイチゴ苗の新芽が出やすくなるなど、イチゴ苗が元気になるための作業ですので2週間に一回程度行います。

ポットに使用している培土(花と野菜の土)は肥料分が少ないので、ペレット状の有機化成を4~5粒施しました。
まだ葉色は薄くないのですが早い目の対処ということで施してしみました。



 

12.アリが教えてくれたアブラムシ(8月5日)

アリがアブラムシの存在を教えてくれた。
今朝水やりをしていると、アリが何匹か集まった葉を見つけた。
気になったので葉の裏を見てみると、アブラムシがたくさん付いていました。
アリがアブラムシの発生を教えてくれたことになります。
調べてみると、アブラムシのお尻からでる甘露(排泄物)を目当てに集まるらしい。
早速、マラソン乳剤の2,000倍を散布しました。

 

13.きれいな新芽が出てきました。(8月12日)

緑がきれいな新芽が出てきました。
出てくる新芽の葉脈が黒くなるのは、カリウム不足ではないかと考えていましたが、カリウムを施しても改善されませんでした。
ある日ふと頭に浮かんだのが毎朝行ってる水道水による潅水です。
水道水には塩素が含まれていますので、それが原因じゃないかないかと考えました。
そこで、水田に入れる水を使って潅水するようにしました。そうするとご覧のように緑がきれいな新芽が出てきたのです。
原因は「塩素」と特定はできませんが、水道水は溜め置きして塩素を抜く方が良いですね。

 

14.立派な苗になってきました。(9月16日)

立派なイチゴ苗になってきました。
「ベンレート:500倍液」の潅水を月に一回(合計3回)行った効果なのか、炭疽病の発生も無く立派なイチゴ苗に育ってくれました。
定期的な葉かき作業(月2~3回)と、月一回のベンレート500倍液の潅水で夏場を乗り切った感じです。
黒い葉脈もすっかり姿を消し、あとは10月の定植を待つばかりです。

 

15.雨続きで畑が耕せません。(9月30日)

昨日も、今日も、大雨です。
そろそろ定植したいのですが畑を耕すことができません。
今年の9月の天気は、台風と秋雨前線の影響で雨が多く、野菜の植え付けや生育に良くありませんでした。
10月は晴れの日が多いことを祈っています。

 

16.やっと耕すことが出来ました。(10月13日)

イチゴ定植用の畝です。
10月に入って晴れの日が多くなったので、やっと畑を耕すことができました。
粘土質なので乾きが悪く、まだ少しダマになっていますがこの程度なら問題無いと思います。
水分の多い畑を耕すと土が細かく砕けないので、野菜の生育に大きく影響してきます。
畑を耕す時は十分注意する必要があります。

 

17.定植後たっぷり潅水しました。(10月15日)

10月15日イチゴを定植しました。
元肥は一か月ほど前にやっていたので、畝立て後直ぐに定植しました。
今年の秋は雨が多かったので定植が遅れると思っていましたが、例年と同じ頃に植えられたのでほっとしています。たっぷり潅水して終了しました。
5種類の品種を植えています。成長の違いなどを観察するのが楽しみです。



 

18.定植したのは5つの品種です。

今回初めて作ることにした「章姫」の苗です。
「章姫」
定植本数は85本と一番多く、7月初めに親株から切り離した苗は、一本も欠けること無く100%定植することができました。
5つの品種中で一番葉の軸が長く、比較的軸の長い「宝交早生」よりも長い気がします。
新しく出てくる葉の軸は短くなるのでしょうか?
「とよのか」も初めて作った品種です。
「とよのか」
この品種は40本定植できました。
葉の軸は短くギュッと引き締まった感じの苗です。
章姫に比べると取れた数は少ないのですが、7月初めに親株から切り離した苗は、一本も欠けること無く100%定植することができました。

初めて作ることにした「とちおとめ」の苗です。
「とちおとめ」
苗の数が一番少なく、定植できたのは23本だけでした。
この品種も葉の軸が短くギュッと引き締まった感じです。
苗の取れ数は一番少ないですが親株から切り離した苗は、一本も欠けること無く定植することができました。
「さちのか」の苗を定植しました。
「さちのか」
この品種も「とよのか」や「とちおとめ」と同じように、葉の軸が短くギュッと引き締まった感じです。
炭疽病に弱い品種だと聞いていたのですが、7月初めに親株から切り離した51本の苗は、炭疽病に侵されることなくすべて定植することができました。
毎年作っている「宝交早生」です。
宝交早生
毎年作っている品種の「宝交早生」は57本定植できました。
「章姫」の次に葉の軸が長くちょっと頼りない感じがしますが、新しく出てくる葉の軸は少し短かったと思います。
7月初めに親株から切り離した苗は、一本も欠けること無く100%定植することができました。

 

19.除草を兼ねた中耕を行いました。(11月11日)

定植後一か月足らずで、こんなに草が生えてきました。
中耕除草でこんなにキレイになりました。
定植から一カ月近くになるとたくさんの草が生えてきました。

雨が降らないので表面がカチカチですが、雑草が大きくならない内に、頑張って中耕を兼ねた除草を行いました。

 

20、花芽が出てきたので除去しました。(11月11日)

秋に花芽が付く株が目立ちます。
「章姫」の株に花芽が付いています。
ほかの品種には見られないので理由は分かりませんが、新芽の成長が遅れると悪いので除去しました。
春化処理(苗の時期に一定の期間低温にする)もしていないのに不思議です。
花芽は残しておいても寒さで実らないと思いますが、新芽が出ていない株もあったので除去してみました。




 

1.12月のイチゴの状態(12月16日)

12月のイチゴの状態です。
葉の色が濃くなった12月のイチゴです。
12月になって気温が上がらないので葉数はあまり増えてきません。
しかし葉色はかなり濃くなってきました。
もっと寒くなると赤茶色に変色してくるんですよね。

 

22.まだ寒い冬なのに果実が・・・(1月4日)

まだ寒い冬なのに果実が・・・
春まではずいぶん遠く、寒い日が続くのにイチゴに果実が付いていました。
昨年まで作っていた宝交早生では起きなかった現象です。発見したのは章姫の株でしたが、宝交早生以外の他の株でも同じ現象が見られました。
ハウスで年末から収穫する品種なので、比較的低温でも結実するのでしょうか?
でも食べれれるほど大きくならないみたいです。

 

23.マルチ張りの前に除草をします。(2月10日)

マルチを張る前に除草をします。
昨年の11月11日に除草をしたのですが、また草が生えてきていました。2月末~3月初にはマルチを張りたいので、今日から雑草取りをすることにしました。
畝の長さが40ⅿ程あり、まだまだ寒いので一日中草取りできません。数日に分けて行うことにしました。
イチゴは大きくなっていないのに、雑草は寒い冬の間にも大きくなるんですね。

 

24.花芽は摘み取りました。(2月10日)

冬の花芽
冬の花芽を取り除きました。
せっかく付いた花芽ですが、春はもう少し先なので取り除きました。
今まで栽培してきた宝交早生の場合は、3月末~4月初旬に咲いた花を5月の初めに収穫してきました。

 

25.マルチ張り完了です。(2月24日)

マルチを仮止めします。
穴を開けて取り出します。
黒マルチを仮止めしてから、カッターナイフで穴を開け苗を取り出しました。
今年は無風だったので仮止め状態でも苗の取り出し作業はできましたが、風が吹いている時はしっかりとマルチを止めてから作業します。
苗を取り出してからマルチをピンと張ります。
苗をすべて取り出したらマルチをピンと張ります。
弛んだ状態でマルチを抑えると雨が溜まったり、強風で剥がれてしまう可能性があるので必ずピンと張るようにしています。
マルチを張ってしまうと殆どの作業が終了したと言えます。

後はアブラムシが発生している株が無いか確認するのと、小さな花芽を除去するくらいですかね。

 

26.花が咲きだしました。(3月31日)

「章姫」に花が咲きました。
毎年そうなんですが、桜の花が咲くころに「露地いちご」の花も咲きだします。

今年は「宝交早生」以外にも栽培しているのですが、他の品種も同じタイミングで花が咲くみたいです。
ただ宝交早生は他の品種よりも花の数が多く、株の揃いが抜群に良いことが分かりました。

「さちのか」にも花が咲きました。
これは「さちのか」ですが、
「とちおとめ」、「とよのか」、「章姫」共に草勢に大きな違いは見られません。
その中で「宝交早生」だけは勢いが良いようです。
さすがは露地イチゴの王様(お姫様?)と言うことでしょうか。
宝交早生の写真を採り忘れていました。申し訳ございません。

 

27.「さちのか」と「章姫」が色付き始めました。(4月21日)

さちのかの果実が色付いてきました。
章姫の果実も赤みを帯びてきました。
「さちのか」と「章姫」が早くも色付いてきました。

収穫には少し早いですが、昨年まで作っていた「宝交早生」と、味がどう違うのか楽しみです。

28、「とよのか」は少し色付きは遅いみたいです。(4月21日)

「とよのか」の収穫はもう少し後になりそうです。
「とよのか」は果実もまだまだ小さいので、収穫まではもうしばらく辛抱しないといけません。
「とちおとめ」と「宝交早生」も「とよのか」程ではありませんが遅れ気味です。
品種により収穫時期に違いがあることが今回分かりました。
一番楽しみにしていた「味」について検証が近いうちにできそうです。

 

29.いよいよ初収穫です。(4月27日)

収穫直前の「章姫」
糖度が11と5品種の中で一番低かったのですが、酸味も一番低くかったので酸っぱい感じはありません。
少し水っぽいイチゴだなと思いましたが、冷蔵庫で冷やし後日食べてみると甘くて美味しく感じる事もありました。
形は細長く、とても大きくなります。たくさん実が着く多収型のようです。
来年も作ってみようかな!
収穫間近の「宝交早生」
糖度は12ありましたが酸っぱく感じました。
5品種のなかで一番酸味が強いので、糖度がある割には甘さはあまり感じられませんでした。酸っぱいのが苦手な方にはお勧めできない品種です。
多収型であり、味が濃く中まであかいので、ジャムにするには良い品種かと思われます。
来年も作りますよ!
収穫直前の「さちのか」
糖度は11.5と若干低目で酸味も少ない気がします。
甘みはあまり感じませんでしたが、香りだけはとっても甘~く感じました。
形は丸っこく、実は固くしっかりしているように思います。
多収型では無さそうなので来年の栽培は微妙なところです。
収穫間近の「とよのか」
糖度が12で適度な酸味もあり美味しい品種だと思いました。
色付くのが遅く収量も少ないようなので、来年の栽培は微妙なところです。
やはり収量は大事なポイントになりますからね。
収穫直前の「とちおとめ」
糖度が13と5品種の中で一番高く、適度な酸味もあってとても美味しい品種でした。
あまり多くの実を付けないようですが、来年も食べてみたいので栽培してみようと思います。
来年はもっと実を付けるよう工夫したいと思います。