スイートコーンの栽培記録(2018年)

トウモロコシ

家内がトウモロコシ好きだと言うこともあり5年ほど前から作っていますが、最初はどれが甘い品種か分からずに栽培していたので、あまり美味しくありませんでした。
朝早く収穫し、すぐに茹でれば甘みが落ちないと聞いたので試してみましたがあまり変化は無かったように思います。

そこで甘いと評判の「夢のコーン」を作ってみたところ、とても甘くて生でも食べられるほど柔らかいものでした。

しかし甘さに違和感があったのです。糖度は17~18もあるのに美味しいとは思えませんでした。甘さの感じが砂糖水のようで期待とは全く別物だったのです。

そのため、次の年にタキイ種苗の「おひさまコーン」を作ってみました。
茹でて食べてみると甘くて、トウモロコシの旨味も十分あり非常に満足したことを覚えています。

そして今年も「おひさまコーン」を作ります。
それ以外にタキイ種苗のお任せ特選シリーズ「とにかくうまいスーパースイートコーン」と「キャンベラ90EX」の3種類を作ってみることにしました。

 

おひさまコーン
とにかくうまいスーパースイートコーン
キャンベラ90EX

 

 

1.種まき(2018年4月29日)

トウモロコシ種まき
あらかじめ施肥耕運し白マルチを張っていた場所に、「おひさまコーン」と「とにかくうまいスーパースイートコーン」を2粒づつ撒きました。
「キャンベラ90EX」は少し遅らせて撒くことにします。

施肥量は化成肥料(8:8:8)が1㎡当り80g程度と苦土石灰を少量施しました。土壌PHは6.4でした。

トウモロコシ種まき後
覆土に「花と野菜の土」を一つまみ被せ、ジョウロで覆土が湿る程度に水をやって完了です。

 

2.発芽しました(5月6日)

トウモロコシが発芽してきました。
一週間で発芽しました。
覆土が乾いてきたら軽く潅水していたので、思ったよりも早く発芽したように思います。
マルチを張っているので除草や土寄せなどの作業も必要ありません。
ゆっくり観察していきます。
ちなみに今日、「キャンベラ90EX」の種まきを行いました。

 

3.成長が早いです(5月12日)

スイートコーン苗
発芽から一週間しか経っていないのにずいぶん大きくなりました。
もう少し大きくなったら一本に間引こうと思います。
この後は倒れないように支柱を立てるくらいで、殆んど手間をかけることもありません。
マルチを張っているので、今までは潅水も追肥も行っていませんでした。
実を大きくしたいので、今年は追肥を施してみようかな?

 

4.間引き(5月20日)

トウモロコシの間引きはハサミで切り取ります。
かなり大きくなってきたので間引きます。
そのまま引っこ抜くと、残したい方も一緒に抜けそうなのでハサミでカットしました。
最近は田植えの準備で忙しかったので、畑を見ることも少なかったのですが順調に成長していたようです。
昨夜かなり強目の風が吹いていたので少し倒れ気味の個体がありました。
間引きのついでに土寄せをすることにしました。
手で土を寄せ集め軽く押さえただけですが、かなり安定したように思います。



5.脇芽が出てきました(6月3日)

トウモロコシの側枝は除去せず残します。
かなり大きくなり脇芽も出てきました。
私は脇芽は残したままにしています。
以前は取り除いたこともありましたが、脇芽を残した方が実の太り具合が良いように思います。
また、脇芽から出る根によって株が倒れにくくなり、発生する雄穂が交配を促進してくれます。

 

6.追肥を施しました(6月3日)

トウモロコシ追肥
マルチを張って栽培しているので、今まで追肥を施したことはありませんでした。
しかし、今年はやってみることにしました。
軽く一握りにした化成肥料(8:8:8)を3カ所に分けて施します。
移植ゴテで穴を開けた箇所に埋め込んだのですが、成果はあるのでしょうか?

 

7.どんどん大きくなります。(6月10日)

追肥が効いたのかどんどん大きくなります。
追肥を施して一週間ですが、ずいぶん大きくなりました。
この調子だともうすぐ雄穂が見え始めるかもしれません。
トウモロコシは毎年無農薬で育てていますので、アワノメイガの食害が少なからず発生しています。
受粉の終わった雄穂は切り取っているのですが、100%の予防にはなっていないようです。
「袋を被せる」などの他の予防策も実施して見ようかな。

 

8.雄穂が出てきました。(6月17日)


トウモロコシの雄穂が出てきました。
雄穂(雄花の穂)が出てきたので、近いうちに雌穂(トウモロコシができる部分)も出てくるでしょう。
雄花が咲きだすとアワノメイガが飛来し卵を産みます。
その幼虫が雌穂に入り込みトウモロコシを食害するので、受粉が済めば雄穂は切り取っています。
この方法である程度は防げていると思いますが、100%ではありません。農薬は使いたくないので、ある程度の犠牲は仕方ないと考えています。



9.雄花の絹糸が出てきました(6月26日)

雌花の絹糸が出てきました。
雄穂の出現に続いて、雌穂の絹糸が出てきました。
最近あまり天気が良くないので、うまく交配できているのか気になるところですが、交配が失敗に終わったことは今まで経験が無いので問題ないでしょう。

絹糸が出ていてから20~25日が収穫の目安になるので、このトウモロコシは7月の20日頃が収穫時期となります。

 

10.ヤングコーンの収穫(6月27日)

一番上を残し、二番目からはヤングコーンとして収穫
ヤングコーン
一番上の雌穂を残しその下は取り除きます。
取り除いた雌穂には小さなコーンができているので、ヤングコーンとして食べられます。
柔らかくてとても美味しいですよ。

 

11.雄穂を切り取りました。(7月1日)

絹糸が茶髪になってきました。

雄穂を切り落としました。(アワノメイガの飛来防止)

アワノメイガは雄穂が放つ香りにつられて飛来してきます。
孵った幼虫がトウモロコシの実を食害するので、できるだけ早い時期に雄穂を切り落としています。

雌穂の絹糸が茶色く変色してきたら受粉は完了しているので、すぐに雄穂を切り落とすようにしています。

もうすでに食害にあった実もありましたが、無農薬だから仕方ありません。

台風7号の進路が気になりますが、あと二週間ほどで甘~いスイートコーンが食べれれそうです。

 

12.アワノメイガの食害を見つけました。(7月8日)
アワノメイガの幼虫が侵入した跡です。
やっぱりアワノメイガはやって来ていました。
雄穂は取り除いたのですが万全では無かったようで、何カ所かは写真のようにアワノメイガの幼虫が侵入した穴が開いていました。
覚悟はしていましたがここまで育ち、あと一週間余りで収穫できそうななのに虫に食べれれるとショックです。
自然を相手にしているのだから仕方ないのですが・・・
来年はもう少し早く雄穂を切ってみようかな?

 

13.キャンベラ90EXの受粉が完了。(7月8日)

受粉が完了したとみられるキャンベラ90EXの雄穂
一週間遅れで種撒きした「キャンベラ90EX」の受粉も完了したようなので雄穂を切り取りました。
今のところこの品種はアワノメイガの食害は無さそうです。
3種類の品種を作っているので異品種同士の受粉の可能性がありますが、時期をずらしているので大丈夫だと思います。
花粉は200ⅿ位離れたところからも飛んでくるそうなので、お隣さんのトウモロコシの花粉で受粉ってこともありえますが…

 

14.おひさまコーン収穫(7月20日)

おひさまコーンを収穫、先までシッカリ実っています。
すっかりトウモロコシの存在を忘れてしまい、収穫するのが少し遅れてしまいました。
追肥を行ったこともあって穂先までビッシリ実っていました。
肝心の糖度ですが糖度16~20とバラツキがありましたが、生食でも十分甘みを感じることができました。
バラツキの原因は3種類の品種を栽培したことによる交雑の可能性があります。

 

15.キャンベラ90EXを収穫(7月29日)

収穫したキャンベラ90EX
遅らせて種まきしたキャンベラ90EXを収穫しました。
3週間以上雨が降らなかった(水やりもしていない)ので、枯れ始めてきた状態での収穫になりました。
写真では分かりずらいですが、アブラムシもたくさん発生してたので収穫できない株もたくさんありました。
糖度は15度程度でしたが味が濃い美味しいトウモロコシに仕上がっていました。

 

今回の栽培を振り返って

★ 後半雨が降らなかったので、実が少し硬目になってしまった。
★ 3種類の品種を栽培したので、糖度にバラツキが発生した。
★ アワノメイガの被害は例年より少し多かったように思う。
★ 雑草が多かったのでアブラムシの被害があった。

以上の結果から来年は
☆ 乾燥が疑われるときは水をやりたいと思います。
☆ 品種を「おひさまコーン」一本に絞り糖度のバラツキを無くしたいと思います。
☆ アワノメイガの対策を雄穂の除去以外にも検討したいと思います。
☆ 雑草を生やさないようにしてアブラムシの発生を防ぎたいと思います。

以上でスイートコーンの栽培記録(2018年)を終わりたいと思います。
ありがとうございました。