露地イチゴを苗から栽培 (2017年:宝交早生)

イチゴ


家庭菜園でイチゴを栽培する場合、大抵は10株以内と少量のため苗を購入するようですが、私は毎年200株程栽培しています。

そのため、6月に苗採りをして10月に定植、翌年5月に収穫する作型で露地イチゴを栽培しています。
200株程栽培していますが決して出荷用ではありません。
ご近所に配ったりイチゴジャムを作ったりして消費しています。

品種はずっと宝交早生ですが、他の品種にも挑戦してみたいと思っています。

 

1.苗採り開始 (6月10日~)

いちご苗採り
収穫の終わった株から次々とランナーが出てきたので、いよいよポットに受けて苗採りを開始します。

ポットの土は鹿沼土などの排水性の良いものを使うのですが、今回は稲の育苗培土が余っていたので使ってみました。

いちご苗採り
太い針金を曲げたもので苗を押さえ固定させます。
ランナーの2番目、3番目の苗が良いと言われていますが一番目の苗もかなり使用しました。

この時、子株の一番外側の葉と共に「はかま」と呼ばれる部分を取り除くと、発根が促されるらしいのですが今回は行っていません。次回に試してみようかな?

 

2.早く根付かせるための潅水 (6月10日~)

イチゴ苗採り
ランナーの子株からの発根を促すためには、ポットの土を常に湿らせておく必要があります。

6月の日差しはとても強いので、気を抜くとすぐに乾燥してしまいます。
そのため、雨の日以外は毎日潅水しました。
特に日差しが強い日は、朝と夕方の2回する時もありました。

 

3.ランナーの切り離し (7月9日)

イチゴ苗
3週間あれば子株が根付くと言われていますが、以前に早く切り離し過ぎて萎れてしまったことがあったので今回は4週間で切り離しました。
切り離した苗を日向に置いておくと萎れるので、最初の一週間は朝日が2~3時間だけ当たるところ置き、その後は半日陰の所で管理しました。
大雨や台風の時すぐに避難できるように、稲の育苗箱にポット苗を並べておくと便利です。

 

4.潅水

イチゴ苗
夏場は気温が高いので半日陰でもポットの土が乾いてきます。
苗が大きくなってくる育苗後半は、特に乾きやすい印象があります。

常に湿り過ぎるのは良くありませんが、天気の日は毎朝潅水しないと萎れるくらい乾いてきます。

 

5.摘葉(葉かき)と炭疽病対策 (7月23日~)

オーソサイド
夏場の高温下の管理で一番厄介なのは「炭疽病」です。
宝交早生」は比較的炭疽病に強いと言われていますが、ひどい年は一割以上枯れてしまったこともありました。
そのため今年は薬剤散布も実施し、炭疽病の病斑が出た葉はなるべく早く摘み取るようにしました。
薬剤は「オーソサイド水和剤80」を使い、株によっては葉の枚数が3枚になる程の摘葉をしました。

 

6.追 肥

イチゴ苗追肥

追肥をしないままにしておくと葉の色が薄くなり、葉の展開も遅くなるように思います。
そのため、2~3週間に一回程度、ペレット状の有機化成(8:8:8)を数粒ずつポットに施しました。
定植前は肥料を控えますが、定植予定の10月中旬まで同じ管理を繰り返しました。

育苗についての感想
ほぼ毎日の潅水、炭疽病予防の薬剤散布と摘葉、追肥など、6月10日に苗採りを始めてから10月14日の定植まで、実に126日間よく頑張ったと自分でも感心しました。
苦労した甲斐あって、心配していた炭疽病で枯れる株は一株も無く、ほぼ100%定植可能な株に仕上がったと思います。



 

7.施肥・耕運と畝立て整地 (9月24日~10月13日)

定植を10月中旬に控えているので、そろそろ施肥・耕運の時期です。
本当はイチゴ専用の肥料が良いのですが、私は低度化成(8:8:8)を少量施しています。
今年は9月24日に肥料をまきトラクターで耕しました。

10月14日に定植する予定なので畝立てと整地を始めました。
高畝にすること、畝の長さが30mあること、全て鍬で畝作りをすること、会社から帰った夕方に作業すること、以上のことから10月11~13日の三日間かけて行いました。
鍬一本での作業だったので非常に疲れました。イチゴ栽培で一番大変な作業ですね。

 

8.定 植 (10月14日)

植え穴
イチゴ定植ランナー
イチゴ定植
いよいよ定植を行います。

  • 株間25㎝でポットより少し大きめの穴を掘り、たっぷり潅水しました。
  • その後、根鉢を半分くらい崩しクラウンが埋まらない程度の浅植えにしました。花芽が出る方向を畝の外側を向くよう、残していたランナーを畝の内側にして植えました。
  • 最後にもう一度タップリ潅水して終了しました。
    次の日から雨が多かったので、その後の潅水は行っていません。

 

9.台風21号通過 (10月22日)

イチゴ台風
定植から、わずか一週間余りの時期に台風が接近する事態となりました。
防風ネットを被せても葉が折れてしまうだけなので、何もしないで様子を見ることにしました。
あくる日、心配しながら見に行ったのですが、ほとんど被害は無く一安心しました。

 

10.除草と中耕 (11月12日)

イチゴ雑草
イチゴ追肥
イチゴ中耕
定植から約一か月経つので少し草が生えてきました。
そこで除草を兼ねた中耕を行ったのですが、勢いで追肥もしてしまいました。
元肥も施しているので、今の時期の追肥が有効なのか分かりません。
有効どころか春に栄養成長になり、果実の酸味が強くならないか少し心配です。



11.冬の露地イチゴ (12月23日)

冬の露地イチゴ
冬の低温にさらされ地上部の成長は殆んどストップしています。
年を超え3月を迎えるまでこの状態が続きますが、根は成長し続けると聞いています。
春を迎える頃には、根に蓄えた栄養ですくすくと育ってくれることでしょう。
3月初旬のマルチ張りまで作業は中断します。

 

12.除草と整地 (2月25日)

いちご除草1
3月が近づいてきたのでマルチを張る準備をしました。

マルチを張る場所に草や凸凹があるとうまく張れないので除草と整地を行い、古い葉と早く咲いた花房を取り除きました。
まだ寒いので今咲いている花はほぼ100%結実しません。

 

13.マルチ張り (3月4日)

いちごマルチ①
いちごマルチ③
いちごマルチ④
  • イチゴ苗を覆うよう畝全体に黒色のマルチを被せピンと張りました。
  • 次にマルチを優しくカッターナイフで切りイチゴを外に出しました。
    (小さく十字に切るだけで簡単にイチゴを外に出すことができます)
  • イチゴを全部外に出した後、マルチをピンと張り直して完了です。
    マルチを張る前に追肥をする人もいますが私は行いません。
    (この時期の追肥は葉を茂らせるだけで、果実が大きくなることは無く、酸味が強くなる傾向があります)

 

14.花が咲いてきました (3月25日)

イチゴ開花
今年は、例年より早く花が咲いてきました。
桜の花も咲き始めています。イチゴも一週間くらいは早い気がします。
開花から約一か月で収穫できると言われているので、うまく受粉できていれば4月末に初収穫できるかもしれません。
これから暖かくなりグングン成長するのが楽しみです。

 

15.小さな実がいっぱい (4月14日)

イチゴ小さな実
花が咲きだしてから20日程で小さな実がたくさん付いているのを見つけました。
今月末の初収は少し厳しいかも知れませんが、5月に入ると赤く色付いてくるでしょう。
今も花は咲き続けているので今年もたくさん収穫できそうです。

 

16.もう少しで初収穫できそうです (4月22日)

イチゴの果実
イチゴの果実がずいぶん大きくなってきました。
一週間前はまだ小さかったのに急激に大きくなってきたようです。
この調子だと一週間後位に初収穫できそうです。
長雨による灰色カビ病が少し心配ですが、収穫前なので薬剤散布をするつもりはありません。

 

17.昨年より少し早く収穫できました(4月28日)

イチゴ初収穫
イチゴ大量

心配していた灰色カビ病の発生も無く、しかも思ったより早く収穫することができました。
右の写真は200本植えた苗を一度に収穫したときの量です。
とても家族で食べきれる量ではありません。近所におすそ分けしたり、ジャムにして消費する予定です。
張り切って200本も作るとこんなことになりますので、皆さんはほどほどの本数を栽培して下さい。
甘くて酸っぱいイチゴ栽培でした。