紅小玉スイカの立体栽培(2018年)

スイカ

私の住んでいる地域は昔からスイカ栽培が盛んで、今は紅小玉スイカの「ひとりじめ7」という品種が多く作られています。

最盛期に比べると栽培農家もずいぶん少なくなりましたが、今でも特産品として栽培が続けられています。

兼業農家の私の家では、もう30年以上スイカ作りは行っていません。
今年も作るつもりはありませんでしたが、マルチを張った畑に開き場所ができたのでスイカでも作ろうかと言うことになりました。

通常スイカの畝は3m幅ですが、マルチを張った畝幅は1mしかありません。
スイカのツルを這わせるには狭すぎます。そこで上向けにツルを伸ばす立体栽培を試してみようと思い、今回始めてみることにしました。

スイカ栽培の経験があると言っても30年以上前の話しですし、立体栽培は初めてなので不安もありますが楽しんで作ってみようと思います。

 

1.定 植(2018年4月29日)

PH測定器
  • あらかじめ施肥耕運しマルチを張っていた場所の土壌PHは、6.4でした。
    スイカを植えるには問題ない数値です。
  • 土が少し乾いていたので植穴に潅水しておきました。
    これで定植時に根が傷むことも無いと思われます。
スイカ定植
  • マルチを張っていた場所に、80㎝間隔で3本定植しました。
  • 品種は「ひとりじめ7」の接ぎ木苗です。
    接ぎ木苗で無いと収穫前に枯れることが多いです。
  • 定植後はたっぷりと水をやっています。
    (定植後の潅水が少ないと活着が悪くなります)
風よけ
5月は風が良く吹きますので、定植後の植え痛み防止のための防風対策を行いました。
今回は米袋を使用しましたが肥料袋を使う人も多いです。
この方法は、風よけの他に日よけとしての効果もあります。
定植後の活着に悪影響を及ぼす「風」、「直射日光」、「乾燥」を軽減してくれるのでスムーズに活着してくれます。

 

2、側枝の発生を促すための摘心(5月12日)

紅小玉摘心
定植から2週間が経ち少し大きくなってきました。
側枝を伸ばし4本仕立てにしようと考えているので、先端を摘心して側枝の発生と成長を促すことにしました。
地這い栽培の時も側枝(子ヅル)の4本仕立てにしていたと思います。
立体栽培は初めてですが、横向きの地這い栽培を基本にして管理して行こうと思っています。

 

3.ネットを張ったよ。早く大きくなあれ(5月20日)

スイカのネット
田植えの準備の合間に、スイカのツルが伸びても大丈夫なようにネットを張りました。
スイカのツルをネットに絡めるつもりなので、キュウリネット(24㎝目)より目の細かいエンドウ用のネット(15㎝目)にしています。
スイカはキュウリのように自身で絡みつくツルが無いので、人の手で絡めてやらないとダメなのかなと思っています。
まだまだ絡めるほどツルが長くないので、今は放任状態です。

 

4.少し立体栽培らしくなったかな?(6月3日)

紅小玉スイカをネットに這わせました。
やっと勢いが付いてきたのか段々大きくなってきました。
少し前までマルチの上を這っていたツルをネットに巻きつけて見ました。これで立体栽培らしく見えるでしょうか?
まだ実を付けるには早いですが、これから成長が早くなると思いますので、観察は怠らないようにしないといけません。
今更ですが立体栽培は台風などの強風にめっぽう弱いと感じました。

 

5.ツルも長くなってきました。(6月10日)

ツルの成長が早いです。
ツルの成長がとても早いです。
子ズルは4本にしたつもりですが、孫ズルも発生してきているので区別がつかなくなってきました。
スイカのツルは摘心せずに伸ばし放題にしようと思います。

ツルが伸び花が咲いてくると交配の作業になりますが、雨が降るとできないので梅雨の晴れ間を逃さず行うことになります。

 

6.雌花が咲き始めました。(6月17日)

かわいいスイカの雌花です。
雌花がチラホラ咲きだしました。
この段階からスイカと分かる縦縞模様が付いています。
スイカは自然交配しにくいので人工受粉します。
天気の良い昼に雄花を切り取り、めしべに花粉を付けてやります。
天気の良い昼にしか花粉が付かないので、時期を逃さないように行います。
着果したスイカ
先日、試しに交配していた雌花が着果したようです。
雄花の花粉が殆ど付いて無く、着果するとは思っていなかったので驚いています。
せっかく着果したのだから順調に大きくなって欲しいです。
交配から約35日で収穫できるので、7月17日頃に収穫となるのですが上手くいくでしょうか?



7.野菜ネットで果実を受け止めます。(6月19日)

野菜ネットで受け止めたので、大きくなっても大丈夫!
大きくなるとスイカ自体の重さでツルが切れるかも分からないので、野菜ネットで受け止めることにしました。

まだ果実の表面に産毛が残っているので少し早い気がしましたが、すぐに大きくなるので卵大の時点で行いました。
初めてのことなので要領が分かりませんが、手探りで進めていきます。

 

8.順調に大きくなっています(6月27日)

着果を確認してから10日目

6月17日に着果を確認してから10日目です。随分大きくなりました。
もう一人前のスイカに見えますね。
紅小玉スイカの収穫は交配してから35日前後らしいので、このまま順調に行けば7月20日頃には初収穫ができそうです。
次々と着果していきます。
この一週間は天気が良くなく交配もろくにできなかったので、着果も見られませんでしたが、ようやくチラホラと着果した果実が見られるようになりました。
一本の木に3~4個のスイカを着果させる予定ですが、ツルが入り組んでいるので判別するのは容易ではありません。一本の木に着果が集中しないよう見極めたいと思います。

 

9.もっと大きくなって欲しい。(7月1日)

手のひらほどに大きくなった紅小玉スイカ
着果を確認してから2週間で手のひらほどに大きくなってきました。
今日が収穫予定日までの中間地点になりますので、まだまだ大きくなってくれると思います。
大きくなあれ! 甘くなあれ! と願いながら収穫まで見守っていきたいと思います。

 

10.ネットが破けている(7月11日)

ネットの底の部分が破けていました。
紅小玉スイカが落花しないよう野菜ネットで受け止めていたのですが、底の部分が破けてきていました。
溶着している底の部分がスイカの重さに耐えられず破けてくるようです。

このままだと更に破けてくるので、溶着部分を丸めて紐でギュッとくくりました。

 

11.スイカが落花していました、(7月11日)

落花したスイカ(1,870g)

落花したスイカをカットしました。

野菜ネットの底が破けて落花していたスイカです。

後一週間で収穫できる予定だったのに、まさかネットの底が破けるとは思っていませんでした。
形も良く、重さも1,870gと十分な大きさだったのにとても残念です。

悔やんでもしかたないので、さっそく中身を拝見とばかりにカットしてみました。
中身は色付いていますが赤みが薄く、種もまだ白いので熟しきっていない状態たと分かります。
糖度も低いであろうと期待しないで測ったところ、なんと11度もありました。
熟した紅小玉の糖度が12度と言われているので、それに近い糖度ではありませんか。
今日はまだ食していませんが、冷蔵庫で冷やしてから未熟な紅小玉を食べてみたいと思います。

 

12.未熟スイカを食しました。(7月12日)
昨日発見した未熟な落花スイカを食べてみました。
しっかりとスイカの味はするのですが、やはり味が薄い感じがします。
甘みも物足りない感じでした。
後一週間、野菜ネットが破れるのが遅れていれば美味しいいスイカが食べられたのにと思うと少し悔しい思いがしました。
でも残りのスイカが8個あるので、そのスイカたちに期待したいと思います。

 

13.熟したスイカが収穫できました。(7月20日)

着果してから35日目の紅小玉スイカ
着果を確認してから35日目の紅小玉スイカです。
収穫予定日の8日前に落果していたスイカに比べると、重さも増えていて2㎏秤では測定できず30㎏秤で測りました。
2.6㎏は紅小玉スイカとしては立派な大きさと言えます。
問題は味なので冷蔵庫で冷やしてから食べることにします。
熟した紅小玉スイカ
きのう収穫したスイカが冷えたので早速食べて見たいと思います。
半分に割ってみると落下したスイカとは違う赤みと、皮の薄さが目をひきました。
糖度を測ってみると12度と、落果スイカより1度高いだけだったので少々期待外れです。
しかし、ネットで調べると一般的な紅小玉スイカの糖度も12度らしいのですぐに納得しました。
食べてみると落下スイカとは全然違う甘みで、シャリ感も十分感じることが出来ました。
一応、「紅小玉スイカの立体栽培」は成功と言えますね。

 

14.2回目の収穫です。(7月28日)

第二弾の収穫です。
二回目の収穫予定日になったので、まとめて4個収穫しました。
最近は交配しなくても次々と着果するので、小さいスイカは取り除いていました。
そのせいもあって4個のスイカはいずれも2㎏をオーバーする立派なものになりました。
そして、なんと今回収穫した一個を割ってみたところ糖度が13度もありました。
12度でも甘かったのですが、1度違うと甘さのレベルがグンと上がり非常に美味しく感じました。