百均のバケツでキュウリを栽培(2018年)

キュウリ

春まきの露地キュウリを毎年作っているのですが、必ずベト病が発生します。

収穫する頃になると発生するので農薬は使っていません。
肥料と水を切らさないように管理すれば、病気の進行を若干抑えることができたので今まではその方法で作っていました。

今回バケツで栽培してみようと思ったきっかけは、近所の人が栽培していたキュウリにベト病が発生していなかったからで、その方法がバケツにキュウリ植えて軒下で栽培していたのです。

軒下で栽培すれば雨や夜露がかからないので、ベト病の発生は抑制されると思われますが、本当にこの方法でベト病が発生しないのか自分でも試してみたくなり、始めてバケツでキュウリを栽培することにしました。

バケツでは無くプランターでも良いのですが、今回は百均のバケツ(8ℓ)に拘ってみました。

 

1.百均のバケツに種を撒きました。(2018年4月29日)

百均バケツ
  • バケツ…百均(8リットル)
  • 培 土…ホームセンターで買った「花と野菜の土」
  • 品 種…夏すずみ(種を購入)
キュウリの種
  • たっぷり水を撒いた培土に2粒の種を撒きました。

キュウリは肥沃な土地を好みますが、今回は園芸用の「花と野菜の土」を使用しました。
肥料に関して何も記載されていませんでしたが、多少の肥料分があると判断し元肥は施していません。肥料分は追肥で補っていく考えです。

 

2.一週間で発芽しました(5月6日)

キュウリ発芽
今日で種まきからちょうど一週間、小さな双葉が開いていました。
半日陰の場所に置いているので今日まで水をやらなくても大丈夫でした。
これからはキュウリも大きくなり、気温も高くなってくるので乾燥しやすくなるでしょう。
この後、本葉が展開してきたら間引きを行いますが、手前の苗を残すことになると思います。

 

3.もう少しで本葉が出てきます(5月12日)


キュウリ双葉
双葉の中心に小さな本葉の卵が見えてきました。
この一週間は例年に比べて気温が低めだったせいか、成長のスピードが遅いように思います。
朝の最低気温は10℃位の日もありましたので本当に冷たく感じました。
キュウリの夜間適温は17~18℃と言われているので、かなり低目だったことが分かりました。

 

4.間引きました(5月20日)

キュウリ本葉
一週間で2枚目の本葉が出てきました。そして間引いて一本にしています。5月12日の写真の手前を残しました。
表面が少し乾いてきたら潅水していますが、まだキュウリが小さいので余り乾かないですね。
大きくなって吸い上げる量が増えると、毎日潅水することになると思います。
肥料はペレット状の有機配合を、5日前に10粒施しています。

 

5.一週間で驚く成長(5月27日)


きゅうり成長
上の写真から一週間しか経っていないのに、本葉が3枚増えるほど大きくなってきました。
夜間の気温が17~18℃と、キュウリにとって最適な温度だったからかもしれません。
それとも二週間前に施した肥料が効いてきたのでしょうか?
今のところ害虫や病気の発生は見られないので、このまま大きくなって欲しいです。

 

6.背丈が50㎝になっていた(6月3日)

キュウリの成長は早いですね。
あっという間に50㎝近くまで成長していました。
どんどん大きくなります。
背丈を測ってみると50㎝近くありました。
もう少しすると側枝も伸びてきそうなので、誘引できるよう手立てを考えないといけません。

 

7.1ⅿ超え、側枝も出来るてきたよ(6月10日)

気が付けば1ⅿを超えていました。
側枝が出てきました。(葉っぱ2枚残して摘心します)
気が付けば1ⅿを超えていた。一週間で50㎝以上成長したことになります。
また、側枝も伸びていていたので葉っぱ2枚残して摘心することにします。
肥料と潅水に気を付けなければいけません。



8.雌花が咲きだしました。(6月17日)


雄花が咲きだしました。
小さな実の付いた雄花が咲きだしました。
追肥も必要になってくるので、ペレット状の有機配合をこまめに施すことにします。
一回の量は少なくし回数を多めにしようと考えていますが、具体的な量や回数は様子を見ながら行うことにします。
ちなみに草丈は私の身長(173㎝)を超え2mに近づいてきました。

 

9・最初の一本目を収穫します。(6月19日)


待望の一本目を収穫します。
4月29日の種まきから51日目で、一本目のキュウリを収穫しました。
早速、キュウリスティックにして食べたのですが、苦味も無くとっても美味しかったです。
2mに近づいてきたので親ツルの頂点を摘心しました。
少し伸ばし過ぎた気がします。培土が8リットルしかないので、草勢を維持できるでしょうか?

 

10.元気が無くなってきた(7月1日)

葉の色も薄くなり元気が無くなってきた。
肥料も水もこまめに与えているのですが、葉の色が薄くなりめしべも殆ど咲かなくなってきました。
まだ3本しか収穫していないのにもう限界なのでしょうか?

やはり百均のバケツ(8リットル)では培土の量が少なかったように思います。
表面まで根がびっしり張っていて固いスポンジのようになっているので、根が老化して来たのじゃないかと推測します。

 

11.もう回復しないようだ(7月9日)

葉の色が黄色くなってきた
下葉だけでなく上の方の葉も黄色くなってきたので、もうそろそろ寿命かなと思われます。
雌花も黄色くなって萎れ大きくなりません。
結局、5本のキュウリを収穫して終了となりました。
もう少しの間は撤去せずに置いておくつもりですが、回復することは無いと思われます。

 

12.そろそろ寿命かな?(7月17日)

葉が黄色くなり、実もつかなくなった。
上の方の葉も相当黄色くなり、実が全く生らなくなったので寿命だと判断しました。
結局5本のキュウリしか収穫できませんでした。
原因は色々考えられますが、初めてのバケツ栽培は成功とは言えない内容です。
失敗した思われる原因を洗い出し、できれば来年再挑戦したいと思います。

 

13.栽培した培土を確認しました。(7月29日)

根鉢が半端ない状態です。

根鉢の周りには細かい根がビッシリと!

栽培が終了したのでバケツから培土を取り出してみました。
すると壊れる気配もない立派な根鉢が現れました。
スポンジのように固まった根鉢を見ると、ビッシリと張り巡らされた根が確認できました。
8リットルと少ない培土いっぱいに張り巡らされた根を見ると、キュウリの生命力の凄さを感じます。
少しでも栄養を、少しでも水分をと、8リットルという狭い世界で探し回っていたことが分かりました。

失敗した原因としては、①培土の栄養の少なさ。②培土の量に対して地上部を大きくし過ぎた。この2点だと考えました。

①の対策として、有機肥料を施し長期的に肥料が効くようにする。
②の対策として、親ヅルは1ⅿ位で摘心、子ヅルは2葉で摘心することで地上部の成長を抑える。

以上で「百均のバケツでキュウリを栽培(2018年)」を終わります。
ありがとうございました。